酢を使う料理といえば、なんといってもおすし。実をいうと、おすしの歴史とミツカンの歴史は、深い関わりをもっているのです。造り酒屋だったミツカンの初代中野又左衛門は、文化元年(1804)に分家独立して創業。酒粕を利用した粕酢造りに挑みました。酒造家が酢を造るなど、江戸時代には考えられないこと。酒桶に酢酸菌が入ると、お酒が全部「酢」になってしまうからです。けれど、又左衛門の大胆なチャレンジは見事に成功。すっかり評判となった粕酢を、又左衛門は江戸で販売しようと考えます。そのきっかけは、又左衛門の耳に飛び込んできた、「江戸では最近『早ずし』が人気を呼んでいる」という噂でした。

早ずしとは、ネタと酢飯を握る、今の握りずしの原型のこと。江戸の町で又左衛門は、噂どおり早ずしが江戸の人々に大受けしていること、そして使っている酢は当時まだ高価だった「米酢」であることを知ります。
「米酢を粕酢にすることができたら、もっとおいしくて手軽なすしがつくれるはずだ」
又左衛門は半田に戻り、積極的に江戸への売り込みを開始。すると、「粕酢の風味や旨みがすし飯に合う」と、江戸でも人気のすし屋がどんどん粕酢を使うようになります。江戸っ子のハートをつかんだ握りずしの大ブームとともに、又左衛門の粕酢は江戸前ずしに欠かせないものとなっていったのでした。ミツカンの酢とおすしの切っても切れない関係は、こんなに昔から始まっていたんですね。

二代又左衛門は「酢屋勘次郎」を名乗り商標はとしていました。弘化期(1844~)の頃になると、江戸で酢といえば“尾張の丸勘”と言われるほどポピュラーな存在となっていました。しかし、当時は商標登録制度などまったくない時代。中野以外の酢屋でも、丸勘という印を付けて酢を販売していました。

  • これでは中野の酢も他の店の酢も、同じものだと思われてしまう。そう危惧した二代又左衛門は、弘化2年(1845)頃、他の丸勘との差別化を図るため、商品にオリジナルのブランド名を付けることを考えつきます。そして誕生したのが、三年間酒粕を熟成した高級粕酢「山吹」です。
    江戸向けの限定商品として堂々とデビューした「山吹」は、すぐさま大評判に。続いて発売となった「中野」「富貴」とともに、又左衛門の本格的なブランド戦略は、大成功を収めたのでした。
    今もなお続く高級酢ブランド「山吹」。又左衛門はまさに、日本でのブランド戦略の先駆者だったというわけです。

幕末の動乱期もさしたる波乱なく乗り越え、明治に入っても酢の事業は順調に伸びていました。そんな折り、西欧にならった商標条例が明治17年(1884)に日本で初めて公布されます。商標を自社の独占にするためには、商標登録所に出願し、許可を得なければならなくなったのです。又左衛門家が商標としていた丸勘は、当時、他の多くの酢屋も使用していました。四代又左衛門は当然この丸勘の商標登録を願い出ますが、なんと三日の遅れで名古屋の酢屋に先を越されてしまいます。
又左衛門は屋敷にこもり、新たな商標づくりに取り組みます。そして考えに考えた結果、ひらめいたのが、(三ッ環)の商標だったのです。又左衛門家の家紋は。三文字の下に○をつけたのは「天下一円にあまねし」という易学上の理念を表します。この商標は、明治20年5月26日、無事登録を完了。ここに現在まで愛されるミツカンマークが誕生したというわけです。

さて、この商標登録については、もう一つエピソードが残されています。それは四代又左衛門が行った、大々的な商標披露イベントです。なんと彼は、当時熱狂的な人気を集めていた歌舞伎の芝居小屋を一日借り切り、「東京披露会」として歌舞伎興行をおこなったのです。
招待者は1500人。その人たちすべてに、商標の由来を書いたパンフレットや、商標をあしらったかんざしや徳利、猪口などを配ったといいます。舞台の上には、その頃の大スターである一流の歌舞伎役者が勢揃い。そして客席にお弁当やお茶、お酒などを運ぶ店員たちは、ミツカンの商標を染め抜いたハッピや半纏をさっそうと羽織っていました。
明治時代にはとても考えられなかったほどの大規模な披露イベント。訪れた人たちの目には、ミツカンの商標が、くっきりと焼き付いたことでしょう。

ミツカンは過去、ビール事業にも取り組んでいたのをご存知でしょうか?
四代又左衛門は、時代を読む目と進取の気質に恵まれた人でした。それを象徴するのが、ビール醸造事業への着手です。明治17~18年(1884~85)頃、知多半島でもビール造りに取り組む酒造家が現れ始めていました。それを知るや、又左衛門の興味は一気にこの新しい酒「麦酒」へと注がれます。明治20年(1887)、彼は甥の盛田善平に命じ、ビール醸造という新規事業へと着手。善平は東京に向かい、この地でビール工場をつぶさに調査して醸造法を身につけ、さらに神戸にまわってイギリスのビール醸造免許をもつ中国人を雇い入れて戻ります。そして明治22年(1889)5月、ついに念願の自社醸造ビール「丸三麦酒」が発売の日を迎えるのです。

  • 四代又左衛門が力を尽くして誕生させた丸三麦酒は、明治28年(1895)年の京都博覧会への出品を機に、順調な売れ行きを見せ始めます。明治29年(1896)、「丸三麦酒株式会社」を設立。31年(1898)には、今も半田の地に残る赤レンガ造りのビール工場を建設し、この工場から新ブランド「カブトビール」が生まれます。醸造設備から原料に至るまで本場ドイツから取り寄せ、あくまでも本格派ドイツビールの味わいにこだわりぬいた「カブトビール」は、その後、「恵比寿ビール」などに次ぐ全国5位のシェアを占めるまでになったのでした。四代又左衛門の情熱と新たな挑戦が、ひとつの実を結んだのです。

又左衛門は代々、家業である酢造りを大切にしつつ、常にその時代に必要とされているものは何かを考え、又左衛門家だけでなく半田という地域全体を発展させる道を模索していました。
その代表的なものが、五代又左衛門が明治34年(1901)に設立した「中埜銀行」です。当時にして20万円という大金を資本金としてスタートした中埜銀行は、又左衛門一族の安定した資金力をもとに、地元のさまざまな企業をサポートし、地域振興に大きな役割を果たします。一方で、名古屋電灯とも協力関係を結び、半田のインフラ整備に乗り出します。明治43年(1910)には「知多瓦斯会社」の設立にも尽力。又左衛門たちの胸のうちには、家業の発展の礎となった半田という地に、恩返しをしたいという想いがあったのかもしれません。

七代目である政一(後の七代又左エ門)が社長に就任したのは昭和27年(1952)、日本という国が敗戦のダメージから立ち直ろうと、必死にもがいていた頃のことです。彼がまず第一に取り組むべき緊急課題と考えたのは、酢の全面的なビン詰め化でした。
六代又左衛門は、まだまだ物資が不足していた当時にあっても、あくまでも品質にこだわり続け、戦前同様、最高級の醸造酢を造ることを強く求めました。ところが、これが思わぬ事態を招きます。ミツカン酢が品質に絶対の信頼を置かれているのを逆手にとり、その樽を悪用する者が現れたのです。出荷用の印の樽が空くと、そこに安くて粗悪な合成酢を入れ、あたかもミツカンの酢であるかのように販売する……。七代目の政一は、空き樽の回収が極端に遅くなったことから、この予期せぬトラブルに気づいたのでした。

お客様の信頼を裏切るようなことは絶対にあってはならない、そのためには、自らの手で詰めた酢をお届けするのが一番だ……。そう考えた七代目の政一は、商品の全面ビン詰め化を図ります。粗悪品との混同を防ぐためだけでなく、その頃には日本酒や醤油もビン詰めへと変わりつつあり、時代そのものが「調味料はビン入り」という方向に傾いていたことも、理由のひとつでした。
しかし、それにはあまりにコストがかかります。概算で考えても「借り入れの返済に100年はかかる」というほど、大規模な設備投資が不可欠だったのです。多くの幹部が口を揃えて反対しました。「やっと終戦の混乱から立ち直りつつある今、そんな無謀なことをする余裕があるだろうか……」。七代目の政一も悩みます。「元詰保証という、消費者志向の原点に立って決断しよう」。昭和29年(1954)、半田工場が全自動ビン詰めラインに刷新。続く30年には尼崎工場も全自動ビン詰め化がなされます。かつてひと樽ひと樽ていねいに縄をかけて出荷されていたミツカン酢は、「ビン」という器にその高い品質と、お客様への想いを注ぐことになったのでした。

出荷用の樽を悪用され、粗悪な合成酢をあたかもミツカン酢であるかのように販売されたことから、全面ビン詰め出荷に踏み切ったミツカン。しかし、合成酢の問題は、昭和40年代に入ってもなお、ミツカンを悩ませ続けていました。
穀物などを原料とする醸造酢は、酢酸のほか、多くの種類の有機酸類やアミノ酸を含んでいます。 当時の安価な合成酢に含まれる有機酸類やアミノ酸は醸造酢に比べて少なく、人工甘味料など食品添加物を添加していました。ところが、当時の日本の法律では、こうした違いを商品に明記する必要がなく、醸造酢も合成酢もとくに区別がなされない状態で販売されていたのです。
100%醸造酢の高い品質にこだわるミツカンにとって、これはなんとしても打開しなければならない問題でした。

  • そこで昭和43年(1968)、ミツカンは大胆な策に打って出ます。「100%醸造はミツカン酢だけ」というスローガンを掲げ、新聞広告などを展開する純正食品キャンペーンを開始したのです。ミツカン酢の確かな品質と、安心して口にしていただける安全性を強く訴えたこのキャンペーンは、世間の人々から大きな関心を寄せられる一方で、同業者の強い反発を受けることとなりました。が、その頃高まりを見せていた消費者運動の後押しもあって、ミツカンの主張は多方面からの支持を受けるようになり、昭和45年(1970)には「醸造酢」と「合成酢」の表示区分が官報により告示。そしてついに昭和54年(1979)、JAS規格の制定により、「醸造酢」「合成酢」の表示が義務づけられることとなるのです。
    世論を、そして規格をも動かしたミツカンの純正食品キャンペーン。その立役者は、ミツカンの企業姿勢を支持してくださった消費者の方々に他ならなかったといえるでしょう。

ミツカンという企業を言葉で表現するとしたら、「変革と挑戦」というキーワードも、そこに書き記されるかもしれません。そもそも造り酒屋が酢造りに着手するというのも大胆なチャレンジでしたし、カブトビールや中埜銀行など、家業とは異なる事業に挑んだ例はこれまでにも数多くあるのです。

  • 昭和46年(1971)にスタートしたハンバーガーショップ「ハンダス」もそのひとつでした。当時ハンバーガーショップといえば、時代の最先端を行く注目のビジネス。事実、東京都内を中心に展開した店舗は、独自のノウハウではありましたが、徐々にその成果を見せ始めていたのです。しかし、なんといっても外資勢力との競争が厳しく、およそ10年後に事業撤退。また、飲料のルートセールスをおこなう「ナカノ飲料(株)」、カット野菜の製造・販売をおこなった(株)清浄野菜研究所なども、時代を読んだ将来性ある事業ではあったものの、ノウハウ不足などから撤退を余儀なくされました。
    しかし、こうした異業種へのチャレンジから学ぶものは非常に多く、次へとつながる貴重な教訓がミツカンに残されたことも事実です。将来性を的確に読み取ること、危険を察知したらすばやく撤退の決断を下すこと、そして失敗にくじけず、それを次の機会へと生かすこと。それが、代々受け継がれてきた、ミツカンの強さ、たくましさなのです。
  • ナカノ飲料株式会社創業時のメンバー

    清浄野菜研究所を紹介したパンフレット

平成元年(1989)、ミツカンは大胆な経営計画を打ち出します。その名も「チャンレジ1000&73計画」。「今後5年間で売上高1,000億円達成、開発品と食酢の売り上げ構成比7:3を実現する」というものです。当時メーカー部門の売り上げ規模が660億円程度だったことを考えると、これはまさに壮大な目標。しかし、「脚下照顧に基づく現状否認の実行」というミツカンの原点どおり、現状に甘んじることなく体質を改善し、総合食品メーカーへと躍進していくためには、具体的な数字を掲げ、全社員で取り組むことが必要不可欠だったのでした。

  • この計画の初年度には、混ぜるだけでちらし寿司ができるレトルト食品「五目ちらし」を発売。平成4年(1992)には、新本社ビルが竣工となりました。発売当初は苦戦した「つゆ」も、「追いがつおつゆ」にリニューアル。その後、売り上げが拡大し、平成11年(1999)にはシェア1位を獲得します。全社を挙げてのチャレンジは、5年という短期間にとどまらず、今に至るまでその成果を上げ続けているのです。

「チャレンジ1000&73計画」に象徴されるように、平成以降事業のいっそうの多角化を推進してきたミツカン。その取り組みの一環として、平成9年(1997)、ミツカンは納豆事業へと本格的に参入します。納豆や豆腐の原料となる大豆は、「米」と並ぶ日本の伝統的食文化。とくに納豆は、食酢醸造で培った菌の育種や発酵技術が生かせる分野だからです。翌平成10年(1998)には、新ブランドとなる「金のつぶ」シリーズを発売。厳選した大豆をこだわりの製法で仕上げた味わいは大きな話題を呼び、納豆市場に新風を吹き込むことになったのでした。

  • 初代又左衛門から脈々と受け継がれるミツカンの遺伝子は、納豆においてもいかんなく発揮されています。その代表的な商品が、約2万株もの納豆菌の中から「気になるにおいをつくらない納豆菌」を見つけ出して開発された「におわなっとう」や、「ビタミンK2を豊富に含む納豆をつくる菌」で開発された「ほね元気」です。200年にも及ぶ長い歴史とたゆまぬ研究から培われたミツカン独自の発酵技術とともに、明快なネーミングやユニークなパッケージデザインなど、全社一丸となった取り組みがあればこそ生まれた大ヒット作。今や納豆は、食酢とならぶミツカンの主力選手となっています。