業績管理
業績管理は会社の成長につながる適切な経営判断を支援することが主な業務です。
具体的には「経営の戦略意思を計画としてまとめ上げる支援」「決算期中での損益を中心とした分析を通じ、経営状況の見せる化」を行うことが 主な役割となります。決算期中での見せる化は表面的な数値分析に留まらず、「現地」「現物」「現実」での事実確認を踏まえた会社の状況を適切に示し説明することで、経営の考える業績向上への打ち手構築の支援となるように活動します。

また、グループが掲げる「金の乱れは、会社の乱れ」の考え方の下、各機能が実行する投資や経費が、「その効果を十分に吟味されたものかどうかを確認し牽制していく」ことも役割のひとつです。「支援と牽制」の両面での業務遂行を通じ、会社の成長に貢献しています。